水彩背景

業務内容

麻の葉
商業登記(株式会社・有限会社・各種法人)の手続をいたします

会社を設立するとき
本店を移転したとき
有限会社を株式会社に変更するとき
増資、減資をしたとき
新たに役員を選んだとき
役員の任期がきたとき
増資、減資したとき
解散・清算したとき

相続でお困りの方へ
ご相談、必要な手続をいたします

田畑のどこからどこまでが亡父名義の土地なのかわからない
亡くなっている人が多くて相続人が何人いるのかわからない
音信不通の人がいて遺産分割協議ができない
相続人の中に未成年の子がいる
相続人の中に認知症の方がいる
遺産分割協議がうまくいかずそのままになっている
遺言で何ももらえなかった
借金があるので相続したくない

菱文
瓢箪
裁判所に提出する書類の作成をいたします

簡易裁判所…民事調停の申立など
地方裁判所…破産手続開始の申立、債権差押命令の申立 など
家庭裁判所…成年後見の申立、特別代理人選任の申立、相続放棄の申述 など

金平糖

タマ&シホの法律勉強

自己紹介編

タマ:シホ先生、何読んでるの?
シホ:今朝の新聞。ほら。相続についての法律の改正案が国会に提出されますって。
タマ:ふうん。あ。6親等がどうのこうのって出てるね。公民の授業で習ったよ。シホ先生はお父さんのいとこだから、えーっと。5親等だ。
シホ:そう。タマちゃんと私は6親等以内の血族だから法律上の親族だね。
タマ:オオー!シホ先生は独身だから、私が相続人になろうか。
シホ:ありがとう。でもタマちゃんは私の相続人になれるかな?
タマ:なれないの?
シホ:調べてごらん。

シホ:私の老後の面倒はタマちゃんに頼むかな。
タマ:お父さんの老後の面倒で精一杯だよ。一人娘だよ、私。
シホ:5親等だと法律上の扶養義務もないのよね。そうだ。タマちゃん。老後は一緒に暮らそうね。
タマ:えー。なんかイヤな感じだ。
シホ:ふふふ。同居の親族は扶け合おうっていう法律があるの。
タマ:扶け合おうってことはお互いにってことだね。
シホ:そのとおり。
タマ:じゃあ司法書士事務所を手伝うからバイト代弾んで!
シホ:高校生になってからね。

タマのイラスト
シホ先生のイラスト
金平糖
養子編

タマ:相続人になれそうなのは、姪までだった。
シホ:よく調べたね。今のところ、夫も子もいないから、私の相続人は両親だけれど、両親が先に亡くなったら、相続人は兄弟姉妹になるわね。
タマ:シホ先生、兄弟も姉妹もいないよね。
シホ:今のところ。
タマ:今のところ?大伯母さま、もう無理だよー。
シホ:違う違う。例えば、私の母がタマちゃんと養子縁組をしたら、タマちゃんと私は姉妹になるでしょ。

タマ:わー。ドラマみたいだ!
シホ:でも、私がこの先結婚して子供ができたら、姉妹は相続人にならないよ。
タマ:そっか。優先順位で負けちゃうから。
シホ:もっと確実にタマちゃんが私の相続人になる方法があるよね。
タマ:シホ先生の子供になる!
シホ:正解。養子縁組ね。

タマ:なんか今日は、たくさん養子縁組をした気になったからくたびれちゃったな。
シホ:現実はもっと大変だよ。面倒みる親が増えるってことだから。
タマ:ダメダメ。お父さんで精一杯。
シホ:やっぱり同居の親族でいいわね。

タマとシホ先生のイラスト